色弱模擬フィルタとは

色弱模擬フィルタ「バリアントール」とは


   (1) 一般色覚者が使用するカラーユニバーサルデザイン支援ツールです。

      色弱者の色の見分けにくさを一般色覚者が体験できるようにした特殊フィルタです。
      見分けにくい色づかいに気付くことが、カラーユニバーサルデザインへの第一歩です。
      地震防災マップ
          

   (2) かけて見る、それだけでリアルタイムに配色チェックできます。

      かけて見るだけで色弱者の見分けにくい配色を探し出すことができます。
      使用例

   (3) 世界初の色弱模擬フィルタです。(特許申請中)

      経済産業省の産学連携プロジェクトによる世界初の色弱模擬フィルタです。
      豊橋技術科学大学 中内研究室で設計したフィルタ分光特性を、伊藤光学工業(株)が
      光学フィルタとして実現し、高知工科大学 篠森研究室が評価を行いました。
      開発メンバーおよび国際会議での発表風景



      ※色弱模擬フィルタをご使用の前には「ご使用にあたって」をよくお読みください。
      ※本製品は色弱の方が使用する「色の見分けを補助するフィルタ」ではありません。

CUDマーク 色弱模擬フィルタ「バリアントール」は、
 NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)によって、
 「カラーユニバーサルデザイン・支援ツール」として認定されています。

 <ことば>
 CUDOの提唱する呼称に従い、3色覚(いわゆる色覚正常)を
 「一般色覚」または「C型」、残りは色認識に弱い点があることから
 「色弱」と呼ぶこととします。色弱のタイプはどの錐体に関係するか
 に応じて、P型、D型、T型と呼びます。   CUDOのページへ



online: 1 today1 yesterday6 total20688 since Apr 7th 2008

© 2007-2018 Itoh Optical Industrial Co., Ltd. All rights reserved.