News No.11

2008年12月〜2009年1月


[2009.01.30] 第3回インタビュー企画「眼科医として、学校医としての責務」

インタビュー企画「カラーユニバーサルデザインの現在」。
第3回は「眼科医として、学校医としての責務」です。

ゲスト
鈴木眼科
院長 鈴木一作氏

 インタビュー

カラーユニバーサルデザインの現在
http://www.taihei.co.jp/products/interview/index.html

大平印刷(株)
http://www.taihei.co.jp/


[2009.01.09] バリアントールが審査に使用されました

全日本印刷工業組合連合会・MUD推進プロジェクト主催の「第2回メディア・ユニバーサルデザインコンペティション」において、色弱模擬フィルタ「バリアントール」が審査に使用されました。

詳細はこちら
http://www.nichiin.co.jp/news/kiji/1231305977_26494_2.html

入選作品はPAGE2009(サンシャインシティコンベンションセンターTOKYO、東京・東池袋)会場内で2月4日から6日まで展示されます。また、2月6日には同会場で表彰式も行われます。

PAGE2009では、バリアントール展示(文化会館2階、展示ホールD、ブース番号D-14)も行います。
ぜひお出かけください。


[2009.01.09] PAGE2009で展示します

2009年2月4日(水)〜6日(金)、サンシャインシティコンベンションセンターTOKYO(東京・東池袋)にて、PAGE2009が開催されます。バリアントール(メガネ型)、バリアントールパンケーキ(ルーペ型)を展示します。

印刷会社、新聞社、出版社、広告代理店、IT系企業、デザイン会社などの企画・編集・制作を担当されている方。企業の広報宣伝およびメディアの発注者の方、ドキュメント管理、の担当の方。
カラーユニバーサルデザインを支援するメガネ、バリアントールを是非お試しください。

伊藤光学工業・大平印刷の共同出展ブース(文化会館2階、展示ホールD、ブース番号D-14)にて皆様のお越しをお待ちしております。

PAGE2009
2009年2月4日(水)〜6日(金)午前10:00〜午後5:00
会場 サンシャインシティコンベンションセンターTOKYO
   (〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1)
入場料 1000円
主催 社団法人 日本印刷技術協会

 PAGE2009


[2009.01.05] 日本眼科手術学会総会で展示します

2009年1月23日(金)〜25日(日)、ポートピアホテル・神戸国際展示場にて、第32回日本眼科手術学会総会が開催されます。併設器械展示会にて、バリアントール(メガネ型)、バリアントールパンケーキ(ルーペ型)を展示します。

色弱者(眼科用語の色覚異常者。ここでは1型および2型の2色覚者を指します)の色の見分けにくさを疑似的に体験するメガネ、バリアントールをお試しください。

(株)サンコンタクトレンズのブースで展示しております。

第32回日本眼科手術学会総会
会期:2009年1月23日(金)〜25日(日)
学会会場:ポートピアホテル・神戸国際展示場
展示会場:神戸国際展示場 3号館展示ホール

 第32回日本眼科手術学会総会

第32回日本眼科手術学会総会
展示会詳細


[2009.01.05] 第2回カラーユニバーサルデザインセミナー開催のご案内

2009年2月6日(金)、大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)において、第2回カラーユニバーサルデザインセミナー「〜企業の社会的責任(CSR)のために〜」が開催されます。

印刷物に「ユニバーサルデザイン(UD)」の視点を取り入れた『人にやさしい印刷物“ユニバーサルプリンティング(UP)”』の取り組みを推進している大平印刷株式会社による開催です。

今回は加齢に伴う色の見え方を含めた事例なども紹介されます。

ふるってご参加下さい。

第2回カラーユニバーサルデザインセミナー開催のご案内 〜企業の社会的責任(CSR)のために〜
日時 2008年2月6日(金)16時00分〜18時30分まで(受付開始 15:30〜)
会場 大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)5階 特別会議室
 大阪市中央区大手前1−3−49
 http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
主催 大平印刷株式会社
協賛 伊藤光学工業株式会社
講演1 『CUD活動から見えてきた課題とその解決について』
 NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)
 副理事長 兼 テクニカルアドバイザー 伊賀 公一氏
講演2 『加齢に伴う視覚変化と印刷物への配慮について』
 横浜国立大学 准教授 岡嶋 克典氏
参加費 3,000円(懇親会費用込み)
定員 80名(先着順で締め切らせていただきます)
締切 2009年1月20日(火)までに大平印刷株式会社のホームページからお申込ください。


詳しくは 大平印刷株式会社のホームページをご参照ください。


[2008.12.26] 内閣府刊行「ハイライティング・ジャパン」に掲載

内閣府が刊行しているオンラインマガジン「ハイライティング ジャパン 12月号 Through images」にバリアントールが紹介されました。

http://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/img20081201.html

上記ページの「Read」をクリックすると中身が読めます。
14ページ目に掲載されています。PDFをダウンロード可能です。


[2008.12.15] 年末年始の対応について

「お問合せ」への回答および「ご購入」に対する商品の発送は、年末年始の間、下記スケジュールにて対応させていただきます。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

お問合せ
2008年12月24日迄にご連絡頂いた場合、12月26日迄にご一報いたします。
以降ご連絡頂いた場合、2009年1月6日以降順次回答させていただきます。
ご購入
2008年12月24日迄にご入金・代引にてご注文を頂いた場合、
年内に商品を発送致します。(12/24受付分は、12/26着予定)
以降ご注文を頂いた場合、2009年1月7日以降順次発送させていただきます。

お問合せ、バリアントール購入ページへ


[2008.12.09] 中部科学技術センター奨励賞を受賞しました

第7回(平成20年度)中部科学技術センター顕彰で奨励賞を受賞いたしました。

中部科学技術センター奨励賞 受賞
伊藤光学工業株式会社 小田 博文、宮澤 佳苗
業績の名称「色覚障がい者の見えを模擬するフィルタの開発」
業績の概要:ユニバーサルデザインのコンセプト「その人の立場を理解すること」にもとづき、伊藤光学工業(株)と豊橋技術科学大学・高知工科大学が産学官連携により世界初となる色覚障がい者の色の見え方を模擬するフィルタを開発した。本製品は従来までの「色覚障がい者が装着し色の見分けをサポートするツール」とは全く逆の発想であり、一般色覚者が使用し、カラーユニバーサルデザインを支援するために使用するツールである。本製品は、日本では静岡県の人口にも相当する約320万人もいるとされている色覚障がい者の見え方を模擬体験することができる。従来は、パソコン等でのソフトウェアでの模擬だけが可能であったが、装着するだけで色覚障がい者の見え方を体験・理解することができるため、印刷物・各種製造製品等をデザインする際、ダイレクトに色づかいを確認することができ、カラーユニバーサルデザインを普及・推進するための有効なツールとなる。

表彰式は2008年12月5日、名古屋ガーデンパレスにて行われました。選考委員長である名古屋工業大学学長から、色弱を体験するというアイデアがこれまでとは全く逆の発想である点を評価した、とのコメントを戴きました。


[2008.12.03] サイトマップを追加しました

当ホームページのサイトマップを追加しました。

[サイトマップ]


               ya1.gifHOME                    ページトップに戻る


© 2007-2018 Itoh Optical Industrial Co., Ltd. All rights reserved.